Googleのゲーム・ストリーミング・サービス「Stadia」ハンズオン:おいおい、Chromebookで最新FPSが遊べちゃったよ!

GIZMODO / 2019年6月12日 18時0分

190612_stadia Image: Alex Cranz/Gizmodo US

プロセッサが力不足でも、ほとんどのChromeブラウザで遊べる!

まだまだ謎が多い、Googleによるゲーム配信サービス「Stadia」。市場に出ていない今、知り得る情報はまだまだ多くはありません。そんな中、米GizmodoのAlex Cranz記者は、実際に試遊するチャンスを得たそうです。最大級のゲーム見本市E3デモプレイ会場が用意されていたのです。

ネット接続環境が悪い中でも、どうやってプレイ出来るようになるのか? Googleの考える方法も知ることができたうえ、なんとChrome OSを搭載したノートPC「Google Pixelbook」で最新FPSである『Doom Eternal』を遊ぶことができたとのこと。ヘンなハックもウザったいアプリも要らず、あったのは彼女とモンスターたちで溢れた火星だけでした。

そもそも、Googleはどうやって接続の悪いネット環境で「Stadia」を提供しようというのでしょうか? 代表者によりますと、現在は要求帯域を減らし続けることで対応しているのだそうです。ゲームによりますが、普通なら1080pの解像度でプレイするには10Mbps~35Mbps(ビット毎秒)の速度が必要になります。

たとえば『Doom』のように激しいゲームなら、戦略ゲームの『Baldur's Gate III: The Black Hound』よりかなり高い帯域幅が要ります。なので『Doom』は、理想的な環境で「Stadia」がどのように作動するのかを見るために、ちょうど良いタイトルだったのです。

テレビとPixelbookを選んで接続

今回の試遊環境は、同じくE3会場で試した、劣悪なWi-Fi環境下での「xCloud」よりちょっとだけ複雑でした。Xboxのときは、コントローラーと新しいSamsungのスマホがイーサネットでつながっていましたが、今回はStadiaのコントローラーとPixelbookが、イーサネットと4KのHDMIに接続されていました。もしHDMIを抜くと、Stadiaは瞬時にPixelbookへと戻されます。4K映像を出力するChromebookだと遅延が発生して不愉快だったため、主にテレビ画面でプレイしました。

190612_stadia2 Image: Alex Cranz/Gizmodo US

ネット環境が悪くてもスムーズ

腕前がヘタクソだったのはさて置き、配信そのものはまるで据え置き機で遊んでいるかのようにスムーズでした。Googleいわく、この日の早い時間はネット回線が著しく不足していたのだそうです。それでも、立ち寄ったブースに置かれた6台の「Stadia」は、それぞれ滑らかに動いていたのでした。

それに次のステージがロードされる時間も、体感的にかつての『Doom』より速く感じたほどでした。

突然切断されたら?

うっかりイーサネット接続を抜いてしまい、回線接続を一気に遅くしてしまったことがありました。ですが復帰すると、ゲームは切断された場面で止まっていました。またGoogleは、Stadiaがそのように切断されたとき、大体10~15分ほどその場面を保存してくれるとも話してくれました。

自動で一時停止はしないので、ゲームに復帰したら死んでた、なんてこともあります。ですがもっと平和なゲームであれば、何事もなかったかのように、切断前の状態に復帰できることでしょう。

コントローラーの使い心地

Stadiaのコントローラーは、もしXboxのソレを使ったことがあれば親近感を覚えることでしょう。みんなで遊んでいるときに友だちからサードパーティー製コントローラーを手渡されたときみたいな感覚で、ちょっと違いが感じられました。

ボタンを押した感じは快適で、どのボタンが何だったのかと、一度も目で見て再確認することはありませんでした。

Chromeでプレイできるのが最高

ですが一番良い点はChromebookでプレイ出来たということ! 今回デモに使われていたPixelbookはChrome OS搭載デバイスの中で一番お高いデバイスのひとつではあります。とはいえGoogleいわく、たとえ力不足なプロセッサーを積んだChromebookだったとしても、StadiaはほとんどのChromeブラウザで動作するとのお話でした。

製品版に期待

Stadiaが超お気に入りになったかというと…? 長期目線で見ると、そんなことはありません。今回のデモンストレーションは、最高の環境で何ができるのかを見せてくれただけです。それに、イーサネットとHDMIを抜いたときに現れるヒドいUI画面など、最終的に市場に登場するものとちがうところもあります。

ですがもし製品版が今回のデモ同様にスムーズに動いてくれるのであれば、かなり魅力的なものとなるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング