Microsoftから自作PCキットが出た。なんと子ども向け!

GIZMODO / 2019年6月20日 14時13分

190620_microsoft_kano_pc Image: Kano PC

さすが現代の子どもは、作るものも違う!

へぇ、Microsoftが自作PCキットかぁ、なんてぼんやり眺めてたら、子ども向けっていうのでビックリしました。そうか、そういう時代ですね。ソフトもハードも作るハードルがとても低い世代がいるんですね。

教育系スタートアップのKanoとMicrosoftがタッグを組んで出したのが「Kano PC」。Windows 10 S搭載のタッチスクリーンノートPC(11.6インチ)を、自分で組み立てるための制作キットです。スペックは1.44 GHz Intel Atom x5-Z8350クアッドコアプロセッサに、RAMが4GB、容量64GBでmicroSDカード対応。そこに、ヘッドフォンジャック、マイク入力、USBポートが2つついてます。WiFi & Bluetooth対応。

スペックうんぬんよりも、背面がスケルトン素材で中身が見える作りや、組み立て方を手順ごとに解説してくれる付属のイラストブック、コンピューターの仕組みを学べる専用アプリと、教材として実によく考えられたセットです。あと、教材版マインクラフトやMicrosoftのPaint 3Dソフトがついてくるのも嬉しい。まさに至れり尽くせりな自作PCキットになってます。ハードを作ったあとは、そのままコーディングを学べるしね!

10月21日発売予定で、現在予約受付中。価格は299.99ドル。リリースされるのは、アメリカ、カナダ、イギリスのみとのことで、今後拡大されるといいな!

Source: The Verge

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング