ジャパンディスプレイにAppleがガッツリ出資するかも?

GIZMODO / 2019年9月28日 22時0分

20190927jdi Image: Piotr Swat / Shutterstock.com

だ、大丈夫…?

経営不振から、中国や香港の企業連合、さらにはApple(アップル)からの支援が報じられているジャパンディスプレイ(JDI)。そんな中、大きな出資状況の変更が報じられています。

まず、以前に800億円の支援を申し出ていた中国・香港の企業連合。しかしなんと、中国ファンドの嘉実基金管理グループが出資中止を決定してしまいました。これにより、500億円の出資が水泡と消えることに…。JDIにとっては、思わぬ展開だったのではないでしょうか。

一方、100億円の出資が報じられていたAppleは、その出資額を2倍の200億円に増やすとの報道も登場しています。捨てる神あれば拾う神あり…ということでしょうか。しかし、それでもこのままでは、全体の出資額が大幅に減ることになってしまいます。

ジャパンディスプレイといえば、さまざまなApple製品にディスプレイを供給してきたメーカー。Appleが支援金額を増やすのも、不思議ではありません。今年の新型iPhoneやApple Watchでも、部品の採用の噂が伝えられていましたね。

Appleファンとしても、日本人としても気になるジャパンディスプレイの未来…。本当に、どうなってしまうんでしょう。

Nikkei Asian Review via MacRumors, Bloomberg

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング