Pixel 4の顔認証は広範囲&爆速! ただしヤバメな欠点があるのだが…

GIZMODO / 2019年10月22日 13時0分

191021kaok00 Photo: 小暮ひさのり

さ〜て、どこでわかるかな?

Pixel 4では指紋認証センサーが廃され、顔認証オンリー。でも顔認証にはIRカメラ2基に加え、ドット&フラッド・プロジェクターで3次元的に顔をチェックしていて、この顔認証(Face unlock)が強い。という話なので、その実力を検証してみました。

検証と言っても「この辺で開くかな?」といった地味でアナログな検証で、トップ画像だけ見ると何だコイツ…感しかありませんが、本人たちは大真面目ですので、どうぞお付き合いください。

顔認証のために顔を登録。登録はカンタン

191021kaok02 Photo: 小暮ひさのり

まずは顔のデータを登録します。顔認証機能は、iPhoneなどでもおなじみの顔をぐるっと回すタイプ。

複数のセンサーで顔の造形を3次元的に記録しているので、多分…ですけど、写真じゃ騙せないタイプですよね。でも現状は結構致命的な不具合?仕様?があるので、ちょっと過信できませんけどね…。これについてはこの記事の最後で。

君はどこまで僕を見つけてくれるのだろう、Pixel

191021kaok03 Photo: 小暮ひさのり

さて、では検証本番。高さや角度を変えて覗き込んでみました。

手始めに「座った状態で画面覗き込む」パターン、こちらは何の問題もなくアンロックできました。まぁ、当然っちゃー当然。

191021kaok04 Photo: 小暮ひさのり

続いては「高いところから覗き込む」パターン。アンロックできた高さはこのくらい。ベビーベッドに寝かせた赤ちゃんを起こさないように覗き込むくらいの高さでPixel 4はアンロックされると覚えておきましょう。実生活でこの知識が役立つかは謎です。

191021kaok05 Photo: 小暮ひさのり

「そろ〜っと下から覗き込む」パターンでは、下方面へのセンサーの広がりを知ることができ、この角度でアンロックされました。センサーは端末上部にあるので、なかなか広角度で見ていますね。

191021kaok06 Photo: 小暮ひさのり

気配を悟られないようにそ〜っと「横からのアプローチ」。横方向の検知範囲もおよそ下から覗き込むのと同じくらいの角度ですね。センサーから扇状に感知範囲が広がっていくイメージかな。

これらの検証によって、Pixel 4の顔認証の実力がなんとなくわかってきました。

実生活に照らし合わせると、手が届く範囲や画面を覗き込める範囲であればOKといった感じ。認証できる角度は、同機能を持つスマホと比べても大きな差はないけど、顔の認識速度(認証した後のアンロック)は、かなりの速さでした。この性能なら、普段使いの中で認証精度・速度で困ることはありませんね! 指紋認証センサーに代わり、メインのアンロック手段として安心して使える(安心できない要素も後述します)と思います。

画面認証をさらに快適にする、Pixel 4必須の設定!

海外ではSoliレーダーが使えるので、人が近づいて来たのを感知して、スリープ状態でもアンロック待機してくれるみたい。羨ましい…。

でも、Soliの使えない日本でも、アンロックに関しては超便利な設定があるので、そちらも紹介しておきますね。

191021kaok01 Photo: 小暮ひさのり

「デバイスを持ち上げて通知をチェック」をオンにしておくと、持ち上げた途端に間髪入れず顔認証が行なわれます。

「Pixel 4を使う」と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!

といったフィーリングで、この一連の動作は本当に爆速。これまで触ったどのスマホよりもスムーズでした。ただ、これから話す致命的な欠点もあるので、機能を使うかどうかはそれを読んでからどうぞ。

致命的な欠点(不具合)、寝顔でもアンロックできちゃうのはマズイっしょ?

最初の方でも触れましたが、現状Pixel 4の顔認証には致命的な弱点があります。なんと、「目を閉じていても認証されてしまう」という不具合があります。顔認証とはいったい…。

191021kaok07 Photo: 小暮ひさのり

なので、こうして寝ている編集部西谷リチャードに、Pixel 4を近づけると…。

191021kaok08 Photo: 小暮ひさのり 2 fast 2 curious.

ラブラブメッセージも見られてしまいます。寝顔を見られると、もれなくPixel 4を突破されるという状態で、ちょっと…いやだいぶ怖い。

この不具合はGoogleも認識していて、THE VERGEによると、今後数ヶ月で修正予定とのこと。それまでの間は…スマホの中を見られたくない相手には寝顔を見せてはいけません。

なお、Googleによれば、ロック画面での通知、指紋認証、顔認識によるロック解除、Smart Lock をオフにするロックダウンという方法もあるようなので、時にはそちらも活用しましょう。

Source: THE VERGE, Google

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング