このスマートウォッチがかっこいい2020:ポラール「Grit X」

GIZMODO / 2020年6月4日 18時0分

3B0A8873 Photo: かみやまたくみ

ベゼルが美しい。

フィンランドのスポーツガジェットメーカー「Polar(ポラール)」の新作スマートウォッチ「Grit X」を発売前に借りることができました。気になる機能があったので試そうと思ったのですが…箱を開けた瞬間にいろいろどうでもよくなりました。

3B0A8872 Photo: かみやまたくみ

ぱっと見落ち着いた印象なんですが、その中に色気があるのがすごくいい。ステンレススチール製のベゼルが鈍く光り、伝わってくる質感。触れたくなる。えろい、とはこういうこと。

Grit Xは本日6月4日、発売開始、価格は5万9800円(税別)。カラーはグリーンとホワイトも選べます。

アウトドアウォッチ POLAR GRIT X ブラック M/L 栄養補給リマインダー ルートナビ 心拍 活動量計 睡眠 【日本正規品】90081734 POLAR GRIT X

59,800円

購入

Amazonではもう消費税分が割引されて販売されてますね。現場からは以上です。

いや、もっと詳しく

以下、もっと知りたい人向けです。

3B0A8853 Photo: かみやまたくみ

機能的には運動・健康に関する情報の表示に特化したスポーツ系スマートウォッチです。アクティビティやバイタルデータのトラッキングと表示、運動関係のサジェスチョン、それに運動をサポートする機能がいくつか、あとは時刻の確認ができるくらいという、かなり割り切った作りをしています。運動・健康のためのガジェットですね。

シンプルで使いやすいUI

UIが非常にシンプルにまとまっていて、「運動に関する情報を端的に伝えたい」というメーカーの意図がはっきりと伝わってきます。

3B0A8907 Photo: かみやまたくみ

文字盤に表示されるのはほぼ時間+活動状況やバイタルデータの二項目。飾りっ気がないとも言えますが、余計な情報や機能がないことでかえって運動・健康を意識させられやすいなと。メニュー階層も浅いので、すぐ見たい情報・機能にアクセスできます。

詳細なアクティビティデータ

3B0A8928 Photo: かみやまたくみ

3B0A8931 Photo: かみやまたくみ

詳細なアクティビティデータなどをGrit X上で確認できます。アプリを開かなくても確認できるのはわりと便利です。

3B0A8932 Photo: かみやまたくみ

3B0A8933 Photo: かみやまたくみ

個人的にいいなと思ったのが、消費カロリーの表示の仕方。何kcal消費した、だけでなく、炭水化物・タンパク質・脂質が占める割合まで表示してくれます。タンパク質が使われていたら、筋肉にダメージが入っている=そうだね、プロテインで超回復だね、みたいな判断がしやすくていいです。効率的に運動能力を上げる・健康的に痩せる、といったことを考えるのであればかなり有用だと思います。

バッテリーもちは4日ほど 3B0A8883 裏面の光学心拍計。ぴかぴか光ってUFOみたい Photo: かみやまたくみ

光学式心拍計とGPSを搭載しています。運動のパフォーマンスを確認できるのはもちろん、ランニングやサイクリングで移動した経路なども単体で記録可能です。スマホは置いて、運動しつつデジタルデトックス、もいけます。

3B0A8914 睡眠分析結果の表示画面。前日、あんまりよく眠れてませんね… Photo: かみやまたくみ

バッテリーもちは1日1-2時間の運動をトラッキングさせて4日ほど(公称では24時間心拍計計測を利用して最大7日間とのこと)。お風呂に入るときに充電しておけば、とりあえず1週間は使える感じです。あとは24時間つけっぱにしておけばOK。もちろん、睡眠分析にも対応しています。

スポーツ万能 3B0A8861 ディスプレイは液晶でタッチ操作非対応、側面の5つのボタンを組み合わせて操作します。液晶なのは晴天下で有機ELより見やすいからではないかと思います Photo: かみやまたくみ

気になっていた機能とは、FuelWise。カロリー消費が激しく途中で補給食を口にしないとバテてしまう運動をするときに便利な機能で、栄養補給のタイミングをアラートさせられます。ただ、機能としては上級者向けかなと。自分で想定運動強度や補給する炭水化物量を入力する必要があり、運動に関する知識がないと使いこなせません。その辺わかるなら、マラソンやサイクリング、登山、トレイルランニングなどで非常に便利でしょう。

Grit Xはマウンテンスポーツ向けにデザインされているそうです。gpxファイルを読み込ませて登山道をナビさせる、なんてこともできたりするので、確かに、とは思います。でも、スポーツ系スマートウォッチとして基本的な部分がしっかりしているため、別に山に行かない人でも十分以上に使えます。ランニングやサイクリングとの相性もふつうにいいなと。ランニングパワーも計測できますし、サイクリングコンピュータとしても機能させられます。防水対応で、スイミングにも利用可。一般的なスポーツにはほぼ対応できるでしょう。

「ない機能」については書いておいたほうがいいですね。大きなところでは、電子決済・音楽再生・スケジュール表示ができません。スマホの通知を表示させられますが、返信やリアクションはできません。かなりアクティビティトラッカーよりなので、ピーキーな印象を受ける人もいるでしょう。

3B0A8882 Photo: かみやまたくみ

とはいえ、そこまで運動に詳しくなくても使いやすく、モノとしての満足度も高いので、方向性が合うならかなり魅力的ではないかと。筐体の美しさは冒頭で述べた通り。ちなみに、付属のシリコンバンドも良いです。表面に凹凸があり、麻かデニムのようなファブリックっぽさがあります。スポーティすぎないデザインで、使いやすいと思いますよ。

ぼくはリモートワーク導入後、かなり出不精になりました。意識的に運動しないとおデブが加速するという強い危機感があり、これからはこういう風にシンプルに「運動ないと」「健康大丈夫?」と気にかけやすいスマートウォッチがいいんじゃ、などと感じています。通知に返信できたりスケジュールが表示させられると便利ではあるんですが、表示がごちゃごちゃしますし、なにより今はほとんどPCの前にいるのでその辺もPCで見るようになってます。なら、スマートウォッチは運動特化のがいいんじゃ?という面もあります。ライフスタイルの変化が、スマートウォッチの好みにも影響してきています。

Source: Polar

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング