iOS14純正翻訳アプリをDeepL、Googleと比べたら想像以上にアレだった

GIZMODO / 2020年9月18日 18時0分

20200917TranslationApps_naomi_osaka_quote 大坂なおみ選手のツイートを読み込ませたところ。Apple翻訳よ… Photo: satomi

むおおおおお…。

iOS 14ではApple純正アプリ「Translate」が初期アプリに加わって、よく使う言語をダウンロードすればオフライン翻訳も可能です。「もうほかの翻訳アプリは消しちゃってもいいっかなー」なんて思ってる人も多いんじゃ? 気になる翻訳精度をチェックしてみました。比較対象はGoogle翻訳、DeepL翻訳です。

DeepLって何?

これを知らないとモグリな訳文検索エンジン「Linguee」を手掛けている、独ケルンのDeepL社が2017年夏リリースした翻訳ツールです。今年3月に日本語にも対応し、早くも翻訳精度がヤバいと評判。「AWSの日本語ドキュメントが何言ってるのか分からない場合、英語版をDeepLで翻訳すると分かる」とまで言われていますよ。

使い方は簡単で、ここに原文を貼り付けるか、ツールをインストールして訳したいところを選択してCtl(Cmd)押しながらCをダブルクリック。これで翻訳窓が立ち上がって自動翻訳してくれます。

ここまでの文章で比べてみる

…と回りっくどい文章を打ち込んだところで、前の段落の文章をまるまる流し込んで翻訳の精度を調べてみましょう。いま思いついただけなので、翻訳しやすく短く区切るとか、まったく意識していない悪文です。「ヤバいと評判」の部分とか訳せるのかな?と思ったら…ジャーン!

20200917TranslationBattlemode

恐ろしいことにDeepLとGoogleはほぼ完ぺきに訳しているではないですか!!!!! ものの数秒でこの精度。ほんと商売あがったりですわ。

DeepLは噂通りのすごいヤツだった

GoogleはCologne(ケルン)も訳出しているので、市名が重要な場合はGoogleの勝ちですが、DeepLは「ドイツだけで充分通じるし、普通こう書くよ?」という校閲マン的判断で市名を削ったような雰囲気さえありますよ。「has already been well received」なんて言い回し、ネイティブだってなかなか出てきません(Googleは時制と「as early as possible」のところが不自然)。文章の被りはあるけど、「the text for you」と締めるところなんて本当に人間みたいで、「日本語を英訳して、DeepLで答え合わせするといい勉強になる」と言われるのも納得です。

一方AppleはDeepLのほめ言葉をけなし言葉に意訳

Appleはやけに短くてシンプルだなーと思ったら、なんと、難しいところは全部すっ飛ばして、わかるところしか訳していません。断捨離です。

わかると確信した数少ないパートも、「(DeepLの)翻訳はよくない」と正反対の意味に訳して悪口言ってますよ? ある意味、人間的。もしかしたらAppleのAIは圧倒的勝者を目にすると嫉妬を感じ、マヌケなふりして現実を歪めて加点を目指す段階までもう進化を遂げているのかもしれませんね。

画面から余る訳文を選択できない

DeepLもGoogleもコピペは簡単にできるのに、Appleはテキストを貼り付けるのが地獄の苦しみです。翻訳が終わった文章もちいさな画面に表示されるところまでしか選べないので(スクロールすると選択解除になる)2回にわけてコピペ…。Androidみたいにマルチウィンドウで2つのアプリを同時に開くこともできず、アプリを行ったり来たりでした。長文は絶対ムリって思ったよ。慣れてないだけなのかな…。訳文長押しで全選択できるGoogleは偉大。

20200917GoogleTranslate_selectall 訳文長押しで全選択できるGoogle翻訳アプリは偉大 カメラで翻訳できない

Google翻訳はマイク、テキストとさらにカメラのアイコンがあって、ここをタップして原文にスマホを向けるだけで訳せます。メニューや看板、標識で大活躍の機能ですけど、入稿画面だってその気になればホレこのとおり。

20200917GoogleTranslate_camera 自然な翻訳がカンニングシートのように浮かびあがる

これもApple翻訳にはない機能です。

大坂なおみ選手のツイートで比べてみる

All the people that were telling me to “keep politics out of sports”, (which it wasn’t political at all), really inspired me to win. You better believe I’m gonna try to be on your tv for as long as possible.

— NaomiOsaka大坂なおみ (@naomiosaka) September 15, 2020

続いて、最近なにかと話題の大坂選手のツイートで翻訳バトルといきましょう。

20200917TranslationApps_naomi_osaka_quote_table

これも勝負あり! ちなみに原文のニュアンスと大坂選手のキャラで翻訳すると、こんな温度かな?

(自分では政治とか全然思ってないけど)「スポーツに政治に持ち込むな」とみんなに言われるたびにそれをバネにすごく気持ちを奮い立たせて勝つことができました。これからも少しでも長くエアタイム確保できるようにがんばっていくのでよろしくね」

音声翻訳を比べてみる

20200917TranslationApps ちゃんと読み込まれた

次、音声翻訳バトル。GoogleもAppleもディクテは最高です。驚くほど正確に拾います。Appleなんて「あたし」を「私」とオートコレクトしてて、少々意味が変わっちゃうんだけど、想像以上でした。これならスマホ片手に同時翻訳で会話が楽しめそう!

ただ翻訳自体の精度はやっぱりGoogleとDeepL(テキスト入力)ほどじゃありません。「廃業」もGoogleとDeepLは「out of business」と正確に捉えていますが、Appleは「do us a lot of work」という意味不明な英訳で誤魔化しています。

以上いかがでしたか? 3社ともニューラルエンジン、AI、機械学習だけど中身はだいぶ違うのがわかります。Google翻訳はiOS 14リリースに合わせて最新バージョン6.12をリリースしたし、DeepLをiPhoneで快適に使えるショートカットなんかも出ているので興味のある人はそちらもチェックしてみてくださいね!

2020年9月18日 訂正:大坂なおみ選手の名前の表記に誤りがありました。謹んで訂正いたします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング