NEC タイと香港を結ぶ光海底ケーブルシステムを受注

Global News Asia / 2014年10月11日 9時15分

大容量光海底ケーブルの稼働開始予定は、2016年末。タイやベトナムのWEB環境が飛躍的に快適になりそうだ。

 2014年10月10日、NEC(日本電気株式会社)は、現在建設中のアジアから中東・アフリカを経由してヨーロッパを結ぶ大容量光海底ケーブルシステムで、タイー香港間の海底ケーブル延伸の建設請負契約をAAE-1コンソーシアムから受注した。

 大容量光海底ケーブルの稼働開始予定は、2016年末。タイー香港間は全長約2,900kmで、毎秒100ギガビット(100Gbps)の最新光波長多重方式に対応。

 アジア各国の経済成長を背景として、スマートフォンやタブレット端末の普及が進み、データ通信の需要が急速に高まっている。こうしたニーズに応えるもので、ルートの途中でベトナムに陸揚げする。
【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング