【タイ】悲鳴をあげてしまうほどマジで痛い足マッサージ

Global News Asia / 2014年10月11日 22時2分

スクンビット・ソイ31の他、BTS(高架鉄道=スカイトレイン)チットロム駅近くのアマリン・プラザ内にも店舗はある。

 2014年10月10日、タイの首都バンコクのスクンビット通りソイ(小道)31にある「FootMaster」というマッサージ店を訪れた。

 この店の足マッサージはとにかくめっちゃ痛い。テレビで芸能人が足マッサージを受けて、「あだだだだ!」なんて悲鳴を上げることがあるが、筆者はそういうのを見るたびに、「足マッサージがそんなに痛いわけないだろ。大袈裟にもほどがあるわ」と憤りを感じていた。が、この店の足マッサージは本当にそれくらい痛いのだ。

 筆者が受けたのは90分の足マッサージコース720バーツ(約2160円)。まずは足湯に浸かりながらの肩マッサージから始まるのだが、もうここからいきなり痛い。男性のマッサージ師が手加減なしの力でグイグイくる。

 そして足マッサージ。意識が飛びそうになるほどの強烈な痛み。しかし、それにじっと耐えていると、やがて頭の中でなにかがパアッと弾ける。恍惚感に包まれる。痛みはある一定のレベルを超えると快楽へと変化するのだ。

 もちろん効果のほうも高く、マッサージ終了後は体がかなり軽くなったように感じられた。ふつうの足マッサージでは満足できないという人に強くおすすめのお店である
【取材/撮影 : 小林ていじ】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング