【タイ】水牛レースが賑やかに開催=140年以上続く伝統行事

Global News Asia / 2014年10月13日 12時1分

140年以上の伝統を誇る水牛レースは、一日だけ行なわれる。

 2014年10月7日、タイ東部チョンブリー県で、伝統行事の水牛レースが、国内外から大勢の観客で賑わう中で開催された。

 タイ東部の各地域でな行われる水牛レースは、雨季明けとも重なる出安吾(僧侶が寺から出ずに修行する期間の終了)を祝うオークパンサーにあわせて、盛大に繰り広げられる祭りとして、140年以上の伝統を持っている。

 中でも県都チョンブリーで行われるレースは最も規模が大きく、10月7日のレース前後の1週間ほど、街では歌謡ショーのステージや屋台が並び、お祭りモードになる。

 タイ全土にいる水牛だが、その昔この地域に強大な勢力を誇ったモン族が遠くインドから初めてタイに持ち込んだという説があり、ここでのイベントが盛り上がる要因になっている。

 最も、以前は農作業に欠かせない水牛たちも、今では機械に取って代わられのんびりと暇を持て余しているのみになっている。それがいいことなのか、どうなのか、当の水牛たちは物も言わずに、甘んじて享受しているが。

 そんな水牛たちの状況に関わらず、レースは大いに盛り上がった。公然の秘密でもあるが、各レースでは、勝ち牛をめぐる賭け事も行なわれており、人間だけは大いに盛り上がっている。
【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング