【タイ】東京都立産業技術研究センター「バンコク支所」開設へ

Global News Asia / 2014年11月22日 8時34分

覚書締結式。左から、タイ工業省 プラーモート ウィッタヤースック工業副大臣、東京都立産業技術研究センター 片岡正俊 理事長、タイ工業省 アティット ウティカロー産業振興局長、タイ工業省 アチャカー シーブンルアン 事務次官)。

 2014年11月25日、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)は、タイのバンコクに「バンコク支所」を開設するため、タイ工業省と業務協力に関する覚書を締結した。この覚書は、タイでの事業活動を円滑に行うため結ぶもので、「バンコク支所」は、都産技研初の海外拠点で、2015年4月に開設の予定。

 日系中小企業への技術的な支援活動を実施するために、タイ工業省が、タイ政府をはじめとした関係機関と協力し、都産技研の活動を支援することを目的としており、都産技研は、海外での事業展開により、現地で得られた市場情報や技術ニーズを本部の技術相談やセミナーなどを通して、東京都内の中小企業に紹介し、製品輸出支援の充実を図っていきたいとしている。

 覚書締結式は、2014年年11月25日(火)午前9時から(日本時間11時)。 タイ工業省事務次官棟 大会議室 (Rama6 Rd,Ratchathewi,Bangkok 10400)で行われ、 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 片岡 正俊 理事長 と、タイ工業省 アティット ウティカロー産業振興局長が調印した。 タイ工業省のプラーモート ウィッタヤースック副大臣と、アチャカー シーブンルアン事務次官が立会った。 (11月27日更新)

【編集 : 高橋大地】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング