【タイ】LCC格安航空が最低価格で無いことも・東京ーバンコク線

Global News Asia / 2014年12月27日 11時23分

2015年は、東京ーバンコク線の座席数が増加、競争激化で価格が下落することを期待。大幅な円安が不安材料。(資料写真、エアアジア)

 2014年12月27日、ANA全日空が2015年8月1日から、成田ーバンコク線の運航をB787で再開する他、TGタイ国際航空が、成田から1日2往復A380での運航を決めるなど。東京バンコク線の席数は増加傾向。

 これは、タイから日本への観光客需要などで、航空会社が増便や大型機の導入をおこなうため。利用者にとっては航空各社の競争が激化することにより、円安の不安要因はあるものの、原油価格の値下がりで、航空運賃の安値を期待したいところだ。

 燃油サーチャージなども航空会社によってまちまち。機内サービスなど細かなところは、日系航空会社の評判が高いが、ほぼ同じ条件で、東京発着バンコク線の価格をチェックしてみた。(定期便のみで、チャーター便を除いた)

 比較は、2015年1月13日午前に、成田または羽田を出発するバンコク行きの直行便で、帰りは、1月18日午後に、バンコクを出発し成田または羽田行の直行便。(WEB予約サイトで、12月27日9時20分から9時50分の価格)

 条件は、事前の座席指定をして、預け入れ荷物は20キロ、機内では食事を1回、ドリンクサービスを1回、毛布や枕を使用し、フライトキャンセルなどの保険を含めた。クレジットカード決済で、エアラインの提携カード以外を使用。

 1位、TGタイ国際航空65130円。2位、タイ・エアアジアX65510円。3位、JAL83270円。4位、ANA90600円。東京発では、フルサービスのTGタイ国際航空が最も安かった。

 LCCは、既存エアラインの正規運賃よりは、大幅に安いものの、正規割引運賃と比べると必ず安いわけでもない。予約のタイミングによって価格は変わるため、比較検討して予約をするのが、お勧めの利用方法だ。
【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング