【エアアジア機・関連】1年で旅客機3機に悲劇 「呪われているのか」と嘆く家族

Global News Asia / 2014年12月29日 19時55分

エアアジアA320型機。

 2014年12月29日、現地メディアによると、インドネシア・スラバヤ国際空港では、捜索が続くエアアジア機に乗っていた多くの家族が安否の情報を得るため沈痛な面持ちで待ち続けている。

 「マレーシアは呪われているのか」と嘆きの声も聞かれた。マレーシアでは今年3月、国営マレーシア航空のクアラルンプール発北京行き・MH370便(ボーイングB777)が乗客乗員239人とともに行方不明。続いて7月には、298人が乗ったマレーシア航空オランダ・アムステルダム発クアラルンプール行き・MH17便(ボーイングB777)が、紛争地帯のウクライナ上空でロシアに撃墜された。

 今回のLCCエアアジア8501便(エアバスA320)は、第3の惨事となった。フェイスブックには「神よ、マレーシアを救いたまえ。洪水、竜巻、MH370便の失踪、MH17便の撃墜。エアアジア8501便の無事を祈っています」と書き込まれていた。

 専門家は「積乱雲の上を飛ぼうとして、高度を上げ過ぎて計器が氷りつき、機体のバランスを崩してしまったのではないか。高度を上げずに雲と雲の隙間を縫う様に飛ぶことは出来なかったのか」と話している。事故機は、2014年11月に定期点検整備を終えたばかり。これまでトラブルは無かった。機長のエアアジアでの飛行時間は6100時間で、インドネシア軍での飛行時間を含めると21000時間のベテランパイロット。フランス人副操縦士は2275時間だった。

 2014年、搭乗者数100人以上の墜落事故は、世界で4件おきている。「アルジェリア航空5017便(MD-83)116人・7月24日」

【編集 : 高橋大地】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング