【エアアジア機 墜落】ブラックボックス(フライトレコーダー・ボイスレコーダー)回収へ

Global News Asia / 2015年1月12日 0時19分

ブラックボックスのイメージ。左側・グレーの円筒形が信号送信機部分。

 2015年1月11日、インドネシア救難当局は、事故機のブラックボックスを発見したと発表した。

 現地メディアによると、尾翼残骸から、約4キロの地点の海底にブラックボックスがある事を、探知機での信号受信とダイバーが目視で確認した。ブラックボックスの上には残骸がありこれを除けないと、ブラックボックスの回収作業を進めることが出来ない。天候が良ければ12日に回収したい考えだ。

 ブラックボックスは、墜落までの操縦席での会話を30分以上録音した『ボイスレコーダー』と、位置・方向・スピード、パイロットが操縦桿を握る握力などの飛行データを記録した『フライトレコーダー』が入っている。

 回収後、データの解析に着手し事故原因の究明作業に入る。
 
【編集 : 安麻比呂 】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング