【タイ】ミャンマー国境の結核センターを支援=在タイ日本大使館

Global News Asia / 2015年1月12日 15時30分

在タイ日本国大使館で、佐藤重和大使とマヒドン大学熱帯医学部=オックスフォード熱帯医学研究所ショクロマラリア研究所のフランソワ所長との間で署名が交わされた。

 2015年1月12日、在タイ日本大使館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力で「タイ-ミャンマー国境のターク県にある結核センター拡張計画」の支援を行なう事を決めた。支援額は、2,381,800タイバーツ(約820万円)。

 在タイ日本国大使館で、佐藤重和大使とマヒドン大学熱帯医学部=オックスフォード熱帯医学研究所ショクロマラリア研究所(以下、「ショクロマラリア研究所」)のフランソワ所長との間で署名が交わされた。

 タイ-ミャンマー国境地域にあるショクロマラリア研究所は、2009年に人の往来が盛んなターク県で結核患者が増加している状況に対応するため、結核医療プログラムを開始し、2013年にワンパー結核センターを設立した。

 高価な薬や長期の観察治療が必要な、多剤耐性結核患者を受け入れることができるワンパー結核センターでは、貧困によりミャンマー国内で医療を受けられない人やタイ国内に居住するミャンマー人移民労働者を中心に、外部の医療機関からも多くの患者を受け入れ無償で治療している。そうしたことから入院患者が増え満床を超える状況になっている。

 状況を改善するためワンパー結核センターを拡張し、患者の入院棟や診察室、救急救命室、太陽光発電システムなどを整備し、増加傾向の結核感染を未然に防ぐ取り組みだ。
【編集 : 安麻比呂 】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング