タイの若者の人気渡航先は日本 交通費節約に役立つのはJR発行のジャパン・レールパス

Global News Asia / 2015年3月2日 9時0分

タイ人に人気のショッピングスポットのひとつ、秋葉原。2013年のタイ人へのビザ免除実施以降、この周辺でタイ語がよく聞こえるようになった。(高田胤臣撮影)

 2015年3月2日、タイは空前の日本ブームだ。20代から30代のタイ社会人たちが日本旅行を楽しんでいる。そんな中でタイ人旅行者が注目するのがJRが発行する「ジャパン・レールパス」だ。

 タイ国内では2010年ごろから爆発的な日本食ブームが起こり、コンビニエンスストアでも緑茶が買えるようになった。これを機に日本ブームに火がつき、同時に景気もよくなったことから日本への渡航者が急増した。特に札幌の雪祭りにタイ人がこぞって足を運ぶので、2012年10月からタイ国際航空が札幌直行便を就航させている。急増するタイ人観光客のため、日本政府も15日間の短期滞在はビザ免除を決定し、2013年7月より実施している。

 タイ国内にある旅行代理店で日本担当のタイ人ガイドに聞いたところ、タイ富裕層の気っ風のよさは想像を超えるものだった。
「私が案内したケースでは高級料亭で数十万円を気持ちよく払っていました。翌日にはローレックスなど高級腕時計を数個も買っていましたよ。輸入関税の関係で日本の方がやすいということもありますが」

 しかし、これは特殊な例だ。中間層の若者などは数カ月間、切り詰めた生活をして日本旅行に備える。いくら景気のいいタイとはいえ、彼らがもっとも厳しいと感じるのは物価の差だ。

 彼らにとって日本で買いものをすることはステータスだし、せっかく日本に来たので飲食も楽しみたい。そうなるとなにかを切り詰めなければならない。そのひとつに移動費が上がってくる。タイではタクシーは安いが日本ではそうはいかないので、日本中を網羅している鉄道を利用することをまず考える。

 そこで彼らが注目したのが、JRの「ジャパン・レールパス」だ。これは短期査証などで日本に入国した外国籍の旅行者にのみ販売されるチケットだ(一部、日本人も条件を満たせば購入可)。JRグループ6社で共同発行しているので、新幹線の「のぞみ号」と「みずほ号」が利用できないなどの一部制限があるものの、新幹線やJRバスも乗り放題という経済的なチケットだ。

 価格は普通車の7日間券で大人2万9110円、子ども1万4550円からとなっている(2015年3月時点での料金)。普通車、グリーン車それぞれに7日間、14日間、21日間の券がある。

 タイの若者たちはお金があるないに関わらず、知恵を絞って節約しながら日本を満喫しているようだ。
【取材 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング