【タイ】バンコクで「アジア国際ギターフェスティバル」が開催 

Global News Asia / 2015年6月8日 9時0分

開催場所の「The Sukosol Bangkok」は、BTSパヤタイ駅が最寄り。(主催者 提供)

 2015年6月8日、「アジア国際ギターフェスティバル」が6月11日から14日の4日間、バンコクのホテル「The Sukosol Bangkok」で催される。

 このギターフェスティバルではアジアだけではなく世界各国からミュージシャンが参加。日本からは菅原しのぶ、谷辺昌央、そしてタイ出身の日本人、宮下仁司の3名が出演する。

 4日間のフェスティバルで演奏を披露するミュージシャンやゲストは以下のラインナップ。

 Gérard Abiton(フランス)、Roland Dyens(フランス)、Flavio Cucchi(イタリア)、Francisco Bernier(スペイン)、Jorgos Panetsos(ギリシャ/オーストラリア)、Damien Lancelle(フランス)、菅原しのぶ(日本)、谷辺昌央(日本)、Chinnawat Themkumkwun(タイランド)、Leon Koudelak(チェコ)、Paul Cesarczyk(アメリカ/オランダ)、Woratep Rattana-umpawan(タイランド)、Sakol Siripipattanakul(タイランド)、 Pongpat Pongpradit(タイランド)、Hitoshi Miyashita(日本/タイランド)、Apichai Chantanakajornfung(タイランド)、Jetjumnong Jongprasert(タイランド)

以下はフェスティバルでギターを出典する職人たちだ。

 今井勇一(日本)、佐藤和雄(ドイツ)、Young Seo(韓国)、Hanief Palopo (インドネシア)、 Narongsak Visesnut(タイランド)、 Wiroon Song-Bundit(タイランド)

 本フェスティバルでは各ミュージシャンによる演奏のほか、職人たちが制作したギターの展示、一流ギターリストによるギター指導などが盛り込まれている。
【執筆 : 西尾康晴】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング