日本通運、ベトナムで二国間クレジット制度に登録ー地球温暖化防止プロジェクト

Global News Asia / 2015年8月19日 13時15分

ベトナムを走る、日本通運のトラック(資料写真)

 2015年8月19日、日本通運は、地球温暖化防止対策の一つとしてエコドライブプロジェクトに取り組んでいる。

 このプロジェクトが、日本とベトナムの二国間クレジット制度(JCM)の対象として採用され、順調に運用されている。
 
 ベトナムのエコドライブプロジェクトは、ホーチミン市とハノイ市で、日本通運の現地法人・べトナム日本通運が使用しているトラック124台に、エコドライブ啓発システムを設置し、燃料給油量、走行距離、運転行動などのデータを収集・分析するもの。

 急加速、急減速、急ハンドルなどの運転行動が感知でき、このデータを基に、ドライバーに燃費効率の向上と安全運転に繋がる改善指導を行なう。

 2015年8月1日から2020年12月末までのCO2排出削減量は、合計1,776トン(年間328トン)を目指している。

 2014年6月20日に日本の環境省の「JCMを利用したプロジェクト設備補助事業」に採択され。今年7月に対象全車両124台にエコドライブ啓発システムの設置を行ない、ドライバーへの運転指導を開始していた。

 日本通運は、マレーシアでも同様のプロジェクトを運用しており、2012年にはトラック事業者として世界で初めて国際連合の「クリーン開発メカニズム」の登録を受け、2014年7月には、エコドライブによるCO2削減をクレジット化している。

 二国間クレジット制度は、途上国での温室効果ガス排出削減の成果を、日本の削減実績としてカウントして、日本のCO2排出削減量の目標達成に役立てるもの。
【編集 : TY】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング