東北初の『ベトナムフェスティバル』に、酒井法子さんからメッセージ 10月24ー25日開催

Global News Asia / 2015年10月6日 10時46分

ベトナムでも「碧いうさぎ」は大ヒット。24日、酒井法子さんがステージで熱唱する(ベトナムフェスティバル 2015 in 東北 実行委員会 提供写真)

 2015年10月24―25日、宮城県栗原市(イオンスーパーセンター栗原志波姫店 特設会場)で、ベトナムフェスティバル 2015in東北が開催される。

 東北地方で初開催となるベトナムフェスティバル 2015in東北は、ベトナム建国70周年で更なる日越友好・日越交流の場として開催するもの。また、東日本大震災以降、ベトナムの多くの人々から温かい支援があり、感謝の絆作りの意味もある。

 24日に出演する「碧いうさぎ 」がベトナムでも大ヒットした 酒井法子さんは「ベトナム建国70周年をお祝い申し上げますとともに、忘れてはならない東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 また被災地にて支援にあたられている関係者の皆様にも敬意を表します。この『ベトナムフェスティバル』には震災以降、日越友好の交流を通じてベトナムの皆様からも温かい支援をいただき、感謝の絆作りの意味もあると伺いました。

 復興は進んでも傷ついた心の復興は小さな子供達からお年寄りまで、まだまだ拭い去れないものがあると思います。日越音楽交流を通して私ができることで少しでも癒せるものなら、音楽で力いっぱい応援してゆきたいと思います。

 東北で初開催のベトナムフェスティバルのご盛会で、全ての皆様が笑顔になれることを心からお祈りいたします」とメッセージを寄せた。

 ベトナムから来日するアーティストも東北でのフェスティバルを歓迎している。今回の来日アーティストの一人TrangPhap(チャンファップ)さんは「東京のベトナムフェスティバルはベトナムでも有名だけれど東北地方はベトナム人にとってしられていません。

 東日本大震災で大きな被害を受けたことはニュースでしっています。音楽を通じて少しでも被災地の人々に楽しんでもらって、ベトナムを好きになってくれたら嬉しいです」と話す。

 ベトナム人にとっても東日本大震災はとても大きなショックで、被災地支援としてたくさんの支援があった。駐日ベトナム大使館が主体となって被災地への炊き出しに行ったこともあまり知られていないが、東南アジアでも親日国としてしられるベトナム。このイベントを機会にますます知ってもらえればと初開催を心待ちにしている。
【編集 : 高橋大地】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング