1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

【タイ】おいしい牛肉がタイにも浸透ー日本の焼き肉店が高評価

Global News Asia / 2015年10月29日 17時0分

バンコクで人気No.1とも言われる「銀座堂」のタンユッケ。生肉が食されるほど牛肉が浸透してきている(高田胤臣 撮影)

 2015年10月29日、世界中の料理を楽しめるバンコクでは肉料理も充実していてる。

 タイ料理店でもタイ式の焼肉があるし、ムーガタと呼ばれる豚肉を中心にジンギスカン鍋のような鉄板で食べる焼肉食べ放題店もある。さらに韓国人が経営する韓国式焼肉店もかなり増え、欧米のステーキハウスも何軒かある。その中でも、日本の焼肉店が最も肉の扱い方がうまく、味もしっかりしていると評価が高い。

 タイは文化的に牛肉はあまり食べられていなかった。この十数年で東北地方でタイ・フレンチという食肉用の牛が飼育され、流通するようになり状況が変化した。

 東北地方の玄関口であるナコンラチャシマー県にはチョクチャイ牧場があり、タイ人はドライブがてらステーキを食べて帰るなど、だいぶ牛肉への抵抗がなくなってきている。

 そういった背景や在タイ日本人増加に伴い日本式の焼肉店もかなり増えた。タイ人経営の大型チェーン店もあれば、日本人などが個人経営する店など営業形態は様々だ。後者はやはり日本ならではの肉の管理をしているので味がよく、タイ人にも人気になっている。

 日式焼肉はトンロー・エリアに多く激戦区となっている。有名店もある中で、「銀座堂」という店が評価をグングンと高めている。トンロー通りとスクムビット通りソイ26に店があり、店内で食べるだけではなく、肉の小売も行っている。料金も他店とほとんど変わらず、200~300バーツ台(約690~1030円)を中心にメニューが揃っている。タン刺しやタンユッケ、レバ刺しなど日本では珍しくなってしまった生肉の料理もあるので、旅行や出張の際にわざわざここに足を運ぶ日本人もいるという。

 様々な国の人々が集うバンコク。この十数年で牛肉が浸透した様に、これからも肉料理に限らず、食文化は変化・発展していくことだろう。
【執筆 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング