【南シナ海】中国の習近平国家主席がベトナムを訪問ーフィリピンの孤立化が狙いか!

Global News Asia / 2015年11月5日 23時18分

ハノイ

 2015年11月5日、ベトナムメディアによると、中国の習近平国家主席が、ベトナム・ハノイを訪れ、グエン・フー・チョン共産党書記長と会い、南シナ海の領有権争いを収拾させることにつて話し合った。

 中国の国家主席がベトナムを訪れたのは、2006年の胡錦濤国家主席の訪問から9年ぶり。ベトナムの外交問題専門家は「拡大ASEAN国防相会議終了後で、18日からマニラで開催されるAPCE首脳会議前の時期に、訪越したのは偶然ではありません。日本から巡視船として転用可能な船舶の寄贈を受けていることも関係していると考えます。フィリピンとベトナムが足並みを揃えて、アメリカや日本と一緒に中国の南シナ海での行動を批判しないように懐柔したい。これまでの海洋問題をベトナムとの2国間で解決させ、フィリピンの孤立化を狙っていると思います。中国との国境地域ラオカイでは、中国からの活発な投資も増えており、経済的な結びつきは強かったんです。中国が仕掛けてこなければ、南シナ海は比較的安定していました。ただ、中国の面子を潰すわけにもいかないので、100%の信頼関係とは程遠いですが、抽象的な表現で「新しい関係を構築して行こう」との合意をしました。経済的な支援を厚くするから、これまでの事は、水に流してほしいということだと思います」と話す。
【編集 : FX】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング