中国の習近平国家主席・ベトナム訪問反対デモー政府が制圧・流血騒ぎも

Global News Asia / 2015年11月7日 8時55分

ベトナム漁船

 2015年11月7日、ベトナムメディアによると、中国の習近平国家主席が、ベトナム・ハノイを訪れた事に抗議する一般市民が5日抗議のデモを、中国大使館周辺で行った。

 中国の国家主席がベトナムを訪れるのは、2006年の胡錦濤氏の訪問から9年ぶり。ベトナム政府は、中国大使館周辺の警備を強化し、中国の習近平国家主席がハノイに到着する前に、デモを行っていた市民をバスで運ぶなどして退去させた。一部では、警備を行う警察と揉み合いになり、デモに参加した市民が流血する場面も見られた。

 一般市民の中国に対する感情は非常に悪く、ベトナムに帰化している中国系住民も肩身の狭い思いをしており、習近平体制の南シナ海問題について批判する声も多く出ている。
【編集 : FX】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング