【ベトナム】ベトナムではカフェ探訪もおもしろい

Global News Asia / 2015年11月23日 11時0分

老若男女関係なく、ベトナム人はこういったローカルなカフェが好きなようだ。ベトナム語は表記がアルファベットに近いので、看板が読みやすいのも便利。(高田胤臣 撮影)

 2015年11月23日。ベトナムはコーヒーが有名だ。ベトナムコーヒーと一般的にいうと飲み方を指す。深めに煎った豆を荒く挽き、フランス式にフィルターで抽出してコンデンスミルクを加えて飲む。店によってはバターやチョコレートで風味付けをする場合もあるという。

 フランスの植民地時代の19世紀にコーヒーが輸入され、豆の栽培が始まっている。ロブスタ種は世界第2位の生産量を誇っており、街中の至るところにカフェがあって、ベトナム人がみんな脚の短い椅子に腰を下ろして、コーヒーを楽しんでいる。

 世界的に進出しているような有名店は少なく、ほとんどが街角のおばちゃん的な店主の店にベトナム人は集まっている。

 チェーン店もいくつかあるのだが、そこは外国人や富裕層のベトナム人しか入っていないように見受けられる。

 また、ローカル向けの洒落たカフェも増えてきており、Wi-Fiを使いながら、エアコンの効いた店でのんびりとコーヒーを楽しむベトナム人も増えている。

 表のカフェのあの脚の短い椅子は一見座りにくそうで、慣れていないと確かに億劫になる高さではあるが、座っているうちに段々と落ち着いてくるから不思議なものだ。
【執筆 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング