【タイ】来訪観光客わずか10日間で100万人越え 2600万人目が来タイ

Global News Asia / 2015年11月24日 10時0分

プーケット国際空港で2600万人目となり、大歓迎を受けたノルウェーからの観光客。(タイ国政府観光庁 提供写真)

 2015年11月24日、タイスポーツ観光省は、去る20日、プーケット国際空港で今年2600万人目となる来訪観光客を出迎えたと発表した。これは前回2500万人目を迎えた日からちょうど10日目のことで、来たる観光シーズン本番に向け来訪客はさらに加速度的に増えると予想される。

 タイでは、来訪客100万人ごとにラッキエストビジターと称して、無料宿泊券や航空券などを進呈して来た。その2600万人目となる来訪観光客は、ノルウェーからプーケットに降り立ったイェップソンさんだった。

 前回2500万人目を迎えてからちょうど、10日目だった。そのことから、今後ロイカトン、国王誕生日、Bike for Dadからクリスマスと年末に向けてハイシーズンになるため、来訪観光客は加速度を付けて増加する事が予想されている。観光庁が目標を上方修正した来訪客3000万人を達成するのは、ほぼ確実と見られている。

 スポーツ観光省では、2020年までに来訪客5000万人を目指すとしており、今回10日間で100万人という数値は、その実現に向けて弾みとなる経過とも言えるだろう。
【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング