【タイ】ウドンタニー国際空港で買いたいオススメの土産物

Global News Asia / 2016年3月2日 11時0分

離陸する飛行機の窓から見たウドンタニー市街地。(高田胤臣 撮影)

 2016年3月2日、タイ東北地方の中でも比較的大きな街のウドンタニーは、バンコクからだと飛行機で向かうのが便利だ。バンコクエアウェイズも発着しており、その場合はスワナプーム国際空港になるが、格安航空会社だとドンムアン空港からたったの1時間程度で到着してしまうほど近い。

 空港のロビーや搭乗ゲート前などに商店があるので、軽い食事やコーヒーなどは帰路なら心配はいらない。また、このときに土産物を購入することもオススメしておきたい。

 ウドンタニーの空港で買うのは、搭乗ゲートのフロア内にある商店で販売されている「VTネームヌアン」社の食べものだ。これは正確には隣県のコンケーンに住むベトナム系住民が始めたレストランの持ち帰り用セットで、「ヌームヌアン」は豚肉のすり身団子のようなものと野菜を生春巻きのような米粉で作ったシートで包んで食べるものだ。これがすべてセットになったものやタイ式のソーセージである「ネーム」もおいしい。バンコクでは同社のレストランが郊外に2カ所ある程度でなかなか手に入らないのでオススメである。

 あとメーカーは問わないが、ベトナム式麺「クワイジャップ・ユアン」と呼ばれるうどんのようにモチモチとした米粉の麺もオススメ。ただ、難はここで販売されているものは麺だけがパッキングされていて、スープは自前で用意しないといけない点である。飛行機に乗るまでの時間にここでの買いものはいかがだろうか。

【執筆 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング