【タイ】バンコクでは日本の中古自転車が2000バーツから購入可能

Global News Asia / 2016年4月10日 9時0分

ママチャリ、クロスバイク、ミニベロなどいろんなタイプの自転車が揃う(撮影:小林ていじ)

 2016年4月10日、タイでは交通渋滞の解消の為、自転車に乗ることが推奨されており、徐々にではあるが自転車人口が増え始めてきている。

 バンコクのチュラーロンコーン大学の周辺には中古の自転車屋が数多くあり、中古のママチャリならば2000バーツ台から、クロスバイクなら4000バーツ台から購入可能だ。そのほとんどが日本から輸入したもので、日本の警察署の防犯シールが貼られたままになっているものもある。

 タイの悪路を走っているとパンクすることも多いが、タイにはバイクや自転車のパンク修理専門店も多いので心配は無用だ。安いところならば20バーツくらいでパンク修理をしてもらえる。

 ただし、気をつけなければならないのが盗難である。チェーンの鍵をかけていても切断され持っていかれてしまうことがあるので、そう簡単には切断されないような太いチェーンを選んだほうがいい。電柱などの固定されているものに括り付けてチェーンをかければ完璧である。
【取材/撮影 : 小林ていじ】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング