【シンガポール】東南アジア地域での重機建設事業の強化を目指す一日本通運

Global News Asia / 2016年6月24日 7時29分

NEX グローバルエンジニアリング株式会社 社屋

 2016年6月22日、日本通運の現地法人南アジア・オセアニア日本通運は、シンガポールに海外の重量品輸送・各種プラント事業を総括する「NEX グローバルエンジニアリング株式会社」を設立し、2016年7月1日から営業を始める。

 近年、東南アジア各国では、インフラ整備や工場の建設が増加しており、今後、風力発電設備・工場設備や機器の据付・組立工事の需要がますます高まっていくと見られている。

 新会社は、重量物の運搬・据付工事やプラントエンジニアリング事業を通じて、日本企業の海外進出に貢献するとともに、工場設置後の資材や製品の輸出入・通関業務、倉庫、国内配送など物流のあらゆるニーズにワンストップで対応する。
【編集 : LK】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング