フィリピン新大統領の麻薬撲滅対策ー殺害を恐れ7万2千人が自首

Global News Asia / 2016年7月21日 8時40分

ドゥテルテ新大統領の本気の麻薬撲滅対策。密売人212人射殺のアナウンス効果で、殺害を恐れ7万2千人が自首。(写真はフィリピン)

 2016年7月21日、フィリピンメディアによると、ドゥテルテ新大統領の過激な麻薬撲滅対策が好調で、殺害を恐れた麻薬密売にかかわる関係者、約7万2000人が自首している。

 警察は、麻薬密売人などの現行犯をその場で、212人射殺したと伝えられており、大統領の有言実行ぶりにフィリピン国内では、期待感が高まっている。

 自首した麻薬密売関係者の多くは、中国人や中華系フィリピン人。フィリピンの刑務所は、各施設ともキャパシティーを大きく超えており、受刑者の受け入れ態勢が整わない状況だ。

 大統領は、ダバオ市長を務め、最悪な危険地域ダバオの治安を改善した実績がある。宮殿には住まず、地元ダバオからマニラまで飛行機通勤を行うと表明しており、マニラ空港が混雑しているため、将来的にはクラーク空港を利用し、中国から鉄道建設の提案を受けているマニラとクラーク間(約100km)の鉄道路線を完成させて、ダバオーマニラ通勤を実行するのではとの見方もある。

 一般的に、政治家の言葉はその場限りのことが多いが、ドゥテルテ氏の場合は実行力の高さから、リーダーとして信頼されている。
【編集 : GI】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング