1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ANAの危機管理能力の高さに、中国人観光客もビックリ

Global News Asia / 2016年8月14日 23時31分

羽田空港ANA手荷物預かり自動機(資料写真)

 2016年8月12日、羽田空港の手荷物用コンベア故障で、全日本空輸(ANA)国内線の一部が、乗客から預かった荷物を載せず出発する事態になった。乗客へのアナウンスは混乱を避けるため目的地到着後に行った。

 このトラブルで、羽田発の28便が荷物を載せず出発し、荷物は後続の便で行き先の空港に届ける措置をとった。この素早く適切な対応に、中国人観光客もANAの危機管理能力の高さにビックリしている。

 中国の航空関係者は「中国で同じトラブルが発生した場合、航空機が出発できず、フライトスケージュールが混乱し、多くの便が大幅に遅延し、折り返し便など欠航になってしまうでしょう。

 また、地方都市では宅配便がきちんと整備されておらず、搭乗者の自宅にきちんと預かった荷物を届けるのもかなり難しい。

 日本だからできた側面はあるが、瞬時に最良の選択ができるANAは凄い。もっとも的確だったのは出発前には乗客には荷物を搭載しないことをアナウンスせずに、到着後の空港で伝えたこと。混乱をさけるための措置が適切だ」と絶賛した。
【編集 : 高橋大地】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください