韓国HYUNDAI製の、ガスレンジが爆発

Global News Asia / 2017年2月7日 22時34分

爆発した韓国HYUNDAI製のガスレンジ。LPGガス用の、HG-J217SB。

 2017年2月7日、フィリピン・パンパンガ州で韓国HYUNDAI製の、ガスレンジが爆発した。爆発したのは、フィリピンのショッピングセンターで売られているLPGガス用の、HG-J217SB。

 爆発の被害に遭った、RMさんは「天板がフラットで、従来の炎と鍋の間が狭く新開発の方式で、ガス効率が良いと勧められ購入しました。届いたばかりで初めての使用です。カップ麺のお湯を、やかんで沸かしていただけです。お湯を沸かし始めた時に、ビニールの燃える匂いがしましたが、梱包のラップが若干残っていたのかと思いました。その後、カチカチと音がし、お湯が沸騰し、ガスの炎を止めてから約5分後にバーンという衝撃音が聞こえ、台所に戻ると、天板の右側が粉々に飛び散り、天板の全体が割れて、中央のHYUNDAIの文字も読めなくなっていました。もし、近くにいたら、大けがをするところでした」と恐怖を話す。

 エアコンの設置工事に来ていたショッピングセンターの外注スタッフも、爆発音を聞き驚いた様子で、飛び散った天板の清掃にあたった。
【編集 : ML】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング