朝鮮中央通信『金正恩国務委員長がシンガポールでの朝米首脳の対面と会談を成功裏に終えて帰国』と報じる

Global News Asia / 2018年6月14日 8時15分

シンガポールでの首脳会談を終え金正恩委員長が、中国国際航空の新型ボーイング747で帰国した。朝鮮中央通信WEBサイトから

 2018年6月14日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信日本語版WEBサイトは、金正恩委員長がシンガポールでの首脳会談を終え、中国国際航空の新型ボーイング747で帰国したことを伝えた。

(記事)朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、シンガポールで行われた歴史的な朝米首脳の対面と会談を成功裏に終えて13日、平壌に到着した。

 史上、類例のない世紀的な会談に対する人類の大きな関心と興奮が全世界を震撼させる中、シンガポール朝米首脳会談を成功裏に終えた最高指導者は12日夜、宿所を発って帰途についた。

 最高指導者を歓送するために、シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相、オン・イェクン教育相がシンガポールのチャンギ国際空港に来た。

 彼らは、歴史的な朝米首脳会談で成果を収めた最高指導者に祝賀のあいさつをした。

 最高指導者は、シンガポール政府が朝米首脳会談を成功裏に保障するために多くの努力と誠意を傾けたことについて再度謝意を表した。

 最高指導者は、歓送のために来たシンガポール政府の幹部と温かい別れのあいさつを交わして専用機に乗った。

 最高指導者が乗った中国専用機は13日朝7時、平壌国際空港に着陸した。

 遠い外国訪問の途に居る最高指導者を偲びながら無事に訪問して帰ってくる日だけを指折り数えて待った全国人民の烈火のような心が熱く満ち溢れる平壌国際空港では、最高指導者を迎える儀式が行われた。

 最高指導者を党と政府の指導幹部が温かく迎えた。迎接に来た幹部らは、精力的な対外活動で朝鮮半島の政治情勢の流れを主導して朝米関係の新たな局面を開いた最高指導者に全国人民の一様な心を込めて最も熱烈で温かい祝賀のあいさつを謹んでした。

 最高指導者は、党と政府の指導幹部と一人一人握手を交わし、愛する全ての祖国の人民に温かい帰国のあいさつを送った。
【編集 : WY】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング