金正恩党委員長「新年あいさつ」全文3/5

Global News Asia / 2019年1月2日 20時45分

朝鮮中央通信日本語版WEBサイトから

 2019年1月1日、朝鮮中央通信日本語版WEBサイトは、金正恩党委員長の新年あいさつを掲載した。(全文3/5)

軽工業部門では、近代化、国産化、品質向上の旗をひきつづき高く掲げて人民に好まれる各種の消費財を生産、供給し、各道・市・郡で基礎食品工場をはじめ地方産業工場を近代的に一新させ、地元の原料、資源に基づいて生産を正常化しなければなりません。
われわれは今年も、祖国の富強と人民の幸福のための壮大な大建設事業を大掛かりに推し進めるべきです。
全党、全国、全人民が奮い立って三池淵(サムジヨン)郡を山間文化都市の標準、社会主義の理想郷として立派に一新させ、元山(ウォンサン)葛麻(カルマ)海岸観光地区と新しい観光地区をはじめわれわれの時代を代表する対象建設を最高の水準で完工すべきです。建築設計と建設工法をひきつづき革新し、仕上げ建材の国産化と質的発展を成し遂げることによって、すべての建築物を朝鮮式で美しく建設し、人民に文明と楽を享有させるべきです。国家的な建設が大々的に行われる状況下で、セメントなどの建材の生産能力をわれわれが計画した通り拡張することが必要です。
山林復旧戦闘第2段階の課題を積極的に推し進め、園林緑化と都市運営、道路管理事業を改善し、環境汚染を徹底的に防止しなければなりません。
すべての部門、すべての単位で余力と可能性、潜在力を最大限に探し出し、増産し節約して人民経済計画を指標別に完遂すべきです。
われわれの社会主義国家の政治的・思想的力を全面的に強めるべきです。
チュチェの人民観、人民哲学を党と国家の活動にしっかり具現して広範な大衆を党のまわりに結束させるべきです。
党と政権機関、勤労者団体組織は、どんな仕事を作戦し、展開するにしても、人民の利益を最優先、絶対視し、人民の心の声に耳を傾け、人民が望み、恩恵を受けることのできることなら万事をさしおいて取り組み、無条件やり遂げなければなりません。いつどこでも、どんな条件と環境においても人民のために滅私奉仕し、人民の生活に第一の関心を払い、すべての人々を懐に抱いて見守る愛と信頼の政治が人民に熱く行き届くようにすべきです。党と大衆の渾然一体を破壊し、社会主義制度をむしばむ権柄と官僚主義、不正腐敗行為は大小をとわず一掃するための闘争の度合いを強めなければなりません。
すべての党員と勤労者は情勢と環境がどう変わろうとも、わが国家第一主義を信念とし、朝鮮式に社会主義経済建設を力強く推し進め、代を継いで守り抜いてきた大切な社会主義わが家を、これ見よとばかりにわれわれの手で立派に打ち立てる愛国の熱意を抱き、誠実な血と汗で祖国の偉大な歴史をつづっていくべきです。
社会主義文明建設を推し進めるべきです。
全社会に革命的学習気風と文化的生活気風を立て、誰もが発展する時代の要求に即した多方面的な知識と文化的素養を身につけるようにすべきです。文学・芸術部門では、時代と現実を反映し、大衆の心をとらえる映画や歌謡などの文芸作品を立派に創作して民族の精神的・文化的財産を豊富にし、今日の革命的大進軍を力強く鼓舞激励しなければなりません。
人民が社会主義保健医療制度の優越性を実感できるように、製薬工場と医療機器工場を近代化するとともに、医療機関の面貌を一新させ、医療サービスの水準を高めるべきです。大衆スポーツ活動を活発に行い、専門スポーツ技術を発展させて全国に気迫と楽観が満ちあふれるようにし、国際競技大会で朝鮮人の英知と力を轟かさなければなりません。
社会主義的生活様式と高尚な道徳的気風を確立するための旋風を巻き起こして、朝鮮人民の感情・情緒と美学観に反する不道徳で非文化的な風潮が現れないようにし、われわれの社会を徳と情によって睦まじい一つの大家庭にしなければなりません。
国防力を打ち固めるべきです。
人民軍は4大強兵化路線を終始一貫堅持して党と革命、祖国と人民の安全をしっかり守り、社会主義建設の戦闘場でこれまでと同様にひきつづき奇跡的な神話を創造することによって、革命軍の威力、わが党の軍隊としての不抜の威力を余すところなく誇示しなければなりません。
朝鮮人民内務軍は革命の赤い盾らしくわが党と制度、人民を決死防衛し、労農赤衛軍は創建60周年を迎える今年、戦闘力の強化において転換をもたらすべきです。
強力な自衛的国防力は国家存立の礎石であり、平和守護の保証です。
軍需工業部門では、朝鮮半島の平和を武力をもって確固と保証できるように、国防工業のチュチェ化、近代化を推進して国防力を世界の先進国の水準にひきつづき向上させるとともに経済建設を積極的に支援すべきです。
今年、われわれに提起された戦闘的課題を成功裏に遂行するためには、革命の指揮メンバーである幹部が固い決心と覚悟を持って奮発することが必要です。
党政策貫徹の主体、その主人はほかならぬ人民大衆であり、現実を誰よりよく知っているのも人民大衆です。幹部はつねに沸き立つ現実の中に入ってすべてを自分の目で確かめ、実態を全面的に分析すべきであり、大衆の中に深く入って彼らと寝食をともにしながら彼らを立ち上がらせて提起される問題を解決すべきです。党の構想に自分の理想と抱負を追いつかせ、絶えず実力を高め視野を広めてすべての活動を党の望む水準で完全無欠にやり遂げる、洗練された組織者、強靭な実践家にならなければなりません。幹部は困難な仕事に身を挺し、祖国と人民のために夜を徹して思索をかさねなければならず、人民の高まる笑い声で闘争の甲斐を覚えなければなりません。
今日、社会主義建設で青年が大きな役割を果たさなければなりません。(続)
【編集 : WY】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング