にわかには信じられない・韓国国防省の発表『日本の哨戒機が韓国艦に「威嚇飛行」? 』

Global News Asia / 2019年1月23日 18時45分

哨戒機「P-3C」出典:海上自衛隊ホームページ

 2019年1月23日、韓国国防省は、日本の哨戒機が東シナ海の岩礁「離於島」で午後2時3分ごろ、韓国艦に「威嚇飛行」をしたと発表した。

 専門家は『海上自衛隊哨戒機「P-1」への火器管制レーダー照射事件について、韓国国防省の奇想天外な劇場型対応から、韓国側との協議は困難であると判断した防衛省に対して、韓国国防省の創作劇場「日本の威嚇飛行が止まらない」が開演したようです。哨戒機は距離約540メートル、高度約60〜70メートルです。18日、22日にも威嚇飛行があり、韓国は日本側に抗議したと言う話です。これに対し、岩屋毅防衛相は、高度150メートル以上を確保、適切な運用を行っていたと反論しています。韓国側の主張は、にわかには信じられない話ですが、どんな目的で新しい争点を見出しているのか疑問です。日本が経済制裁に踏み切った場合、韓国経済が衰退することへの危惧は低いようです。韓国の撮影した「威嚇飛行」動画を見たいものです』と呆れる。
【編集 : WY】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング