アメリカから「警告のイエローカード」が届く、韓国文在寅大統領は役に立たないお邪魔な仲介者か!

Global News Asia / 2019年3月19日 17時0分

韓国の国旗

 2019年3月18日、韓国メディアによると、米朝首脳会談の終了後、文在寅大統領の対応についてアメリカなど先進国から「警告のイエローカード」が届いている。しかし、文在寅大統領はだんまり作戦で息をひそめているという。

 専門家は『韓国の複数のメディアが報じていますが、韓国がアメリカの反対があるにもかかわらず、開城(ケソン)工業団地と金剛(クムガン)山観光の再開を推し進めるための人事を行なったと言う事です。

 アメリカが毅然とした態度で、北朝鮮に完全な非核化を迫っている時に、北朝鮮への経済制裁の効果を下げようと政策を進める文在寅大統領には、不満の声が大きくなっています。

 元々韓国政府が、北朝鮮は非核化の意志があるとアメリカに伝えたことで、それを信じたアメリカが米朝首脳会談に乗った経緯があります。文在寅大統領の手腕について、アメリカの信頼度は下がるばかりです。

 国連は、開城の南北連絡事務所で、韓国が北朝鮮に対して、石油を提供していると見ており、制裁違反の疑いを指摘しています。先進国では、文在寅大統領は、役に立たないお邪魔な仲介者ではとの声が増えています』と指摘する。
【編集 : MK】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング