危険がいっぱい「放射能汚染」に喘ぐ韓国

Global News Asia / 2019年9月18日 11時30分

韓国のイメージ

 2019年9月17日、韓国メディアによると、韓国国内で販売されている電気マット、女性用下着、寝具などから基準を大きく上回る放射性物質「ラドン」が検出され、韓国政府は回収命令を出したと伝えた。

 回収命令が出されたのは、2013年から2019年5月までに販売された8149の製品だ。韓国水脈教育研究協会のパッドからは、放射性物質「ラドン」が基準値の29倍を上回る29.74ミリシーベルトも検出された。

 また、安全の範囲内だが、韓国の放射線量は日本よりも3倍高い。

 韓国は、冬になると例年深刻な大気汚染が起こる。当初は、一般家庭でのサバ焼きが原因だとか、北京のPM2.5のせいだなど、責任転嫁することが多い。

 韓国では、科学的根拠や信実よりも、感情が最優先されるため、放射能問題で日本が丁寧な説明をしても韓国は反発し、日本のイメージを悪化させるため持てる力を総動員して、日本叩きを行うなど悲しい現実に直面している。
【編集 : RL】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング