フィリピン・新型コロナウィルス感染「死亡者600人超える」

Global News Asia / 2020年5月3日 9時15分

ビタミンCが豊富なカラマンシーを売る女性(2020年5月2日、ラプラプマーケットで撮影)

 2020年5月2日、フィリピンでの新型コロナウィルス感染確認者は、8,928人。死亡者603人、回復者1,124人となった。

 このところ、セブ市での感染確認者の増加が目立っている。セブ島・セブ市の感染確認者は879人、マンダウエ市29人。マクタン島・ラプラプ市35人。

 セブ市では、熱中症で高齢者が死亡したことから、水分補給をこまめに行うよう呼び掛けている。

 人口密度の高いマニラ市トンド地区では、5月3日~5日、地域を封鎖して強固な自宅待機措置を実施する。これまで認められていた食料などを購入する外出も全て禁止となるため、各家庭に5キログラムの米と缶詰めなどの食品を配布した。
【編集 : Eula Casinillo】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング