エアアジア・フィリピン「6月3日から、国内9路線を運航再開」マニラーセブ、ダバオ、タクロバンなど

Global News Asia / 2020年5月31日 16時45分

エアアジア・フィリピン

 2020年5月31日、エアアジア・フィリピンは6月3日から国内線の9路線の運行を再開。国際線は7月1日までに運航が再開できるように準備を進めていると発表した。

 再開される国内線は、マニラーセブ、マニラーダバオ、マニラータクロバン、マニラーカガヤン・デ・オロ、マニラーバコルド、マニラータグビララン、クラーク ー タクロバン、クラーク ー カガヤン・デ・オロ、クラーク ー ダバオの9路線。搭乗客には、マスクの着用が義務化された。当初は、マニラ空港第1ターミナルを使用すると発表されていたが、第3ターミナルを暫定的に使用することになった。
【編集 : Eula Casinillo】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング