国内線の運航再開が遅れているフィリピン「セブーマニラ線」6月6日からスタートーエアアジア

Global News Asia / 2020年6月5日 20時45分

エアアジア・フィリピンCAのイメージ

 2020年6月5日、フィリピン国内線は、当初6月1日に運航を再開すると伝えられていたが、連日航空各社から変更が伝えられている。

 マニラ空港のフライトインフォメーションも更新が遅れており、フライト中止が決まった便を表示するなど大混乱が続行している。

 今日から運航すると前日まで伝えられていたセブーマニラ線。エアアジア・フィリピンは今日夕方、6月6日からセブーマニラ間を毎日2往復、セブークラーク間を毎日1往復運航すると発表した。

 6月5日は、マニラーカガヤン・デ・オロ間を1往復しただけだった。

 ダバオ線は週1便で、ダバオ―セブを6月11日から。ダバオ―マニラを6月12日から。ダバオークラークを6月13日から運航再開の予定だ。
【編集 : Eula Casinillo】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング