漆沢祐樹氏 10月テーマは『タレント業界』海外MBAを活用した経営セミナーを日本で開講

Global News Asia / 2020年10月29日 17時15分

左から、市川優人氏、高見裕理奈氏、古川創太氏、中野 想士郎氏、山崎夏絵氏

 2020年10月28日、『起業スクール i3ビジネスアカデミー』顧問の漆沢祐樹氏は、海外MBAを活用した経営セミナーを日本で開講した。コロナ感染防止に配慮し三密を避けた。約60人が参加し、講義ではMBAを踏まえた事業戦略の内容などを交えて、業界ごとに受講生がその業界に合ったプロセスを理解し、どのような事業を作成していくかを学んだ。

 今回のテーマは『タレント業界』。タレント業界はメディアの変化によって、盛り上がる業態も変化してきている。
 
 講義ではそれらの違いや活用法なども話され、受講した生徒はランダムにグループに別れ、ビジネスコンテストとして、その場で社名や事業内容などを疑似として考案し、合計で9社の会社がエントリーした。

■エントリー企業一覧

1.(株)Revival
2.Live action
3.i3 experience
4.IDRE
5.everplayer
6.Heart Protect
7.ローランドッグ株式会社
8.(株)3s
9.growing Games

 各社のプレゼンテーション後は、会場の全員で投票が行われ、グランプリと第二位、三位が決まった。

【第一位】
ローランドッグ株式会社

・市川優人
・高見裕理奈
・古川創太
・中野 想士郎
・山崎夏絵

事業内容

近年、動物の殺処分が多いことに着目しました。飼うことができずに殺処分されるのが、ペット全体の20%であることに着目しました。そこで、人財や物を大切の扱っているイメージの強いローランド さんを採用しました。販促方法は、TVCMとYouTubeで行います。YouTubeでは、ローランド さんと動物愛護のコラボで行います。特に、大型犬が捨てられるケースが多いようなので、きちんと検討をして飼うことや飼ったら責任を持って育てることを強く訴えるようにします。

【第二位】
(株)3s

・松山和樹
・宮田明日香
・吉澤千恵
・蛯谷圭汰
・對馬雄大

事業内容

Special song serviceの略。事業内容は結婚式で歌手が生歌を歌ってくれるサービス。1曲100万円で顧客の要望した歌手と曲を歌ってくれる。若者の結婚式をメインとしているので歌手も若手歌手を用意。市場よりも価格を安く設定した事業となっております。

【第三位】
Heart Protect

・E.O
・伊藤直貴
・冨田八真斗
・長沼龍平

事業内容

小さい頃から、テレビが自分の心を育んできたと言っても過言ではありません。しかし、近年タレントへの誹謗中傷によって、タレントの心が傷つけられています。自社は誹謗中傷をAIで見つけ、問題を発見したら、タレントと弁護士事務所を繋げます。広告塔となるタレントさんは、テレビ出演もある弁護士さんです。そして、その方たちと連携することで、その芸能弁護士さんの事務所に行く案件も増えるというgiveの循環も生まれます。最高の盾を持って、最幸のエンターテイメントをサポートします。

 次回も事業戦略を学び真の起業家を育成していくi3ビシネスアカデミーのこれからに期待したい。

 講演者 漆沢祐樹氏 のプロフィール
19歳で起業し、投資助言業の会社などいくつかの会社で役員を務め、事業譲渡やM&Aを経験。一般社団法人日本国際芸術文化協会の理事も務め、各国の大統領や大使に浮世絵外交を行い、浮世絵セミナーなどを展開しながら世界各国を周る。
2018年ブロックチェーンの発祥の地エストニアで会社を設立。現在はイギリス国立大学の海外MBA candidateでもある。

【TV出演】
いまから始める SDGs ~中小企業のための新たな取り組み~(2019年)YouTube公開中
【著書】
100番目のメッセージ(2011年)
【編集 : BY】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング