犬鍋にならなくってよかった…保護犬、アメリカに渡る

Global News Asia / 2020年11月30日 6時0分

韓国のイメージ

 2020年11月、韓国釜山北区の「亀浦家畜市場」は、知る人ぞ知る動物虐待の温床地帯である。家畜市場という名称から想像するに、その虐待は、ネグレストとかDVとかではない。

 韓国には、珍味の一つとして、犬鍋を食べる、長い歴史を持った習慣がある。この市場では日常的に、食用犬が売買されていたことは、充分に推測される。

 しかし、現代に韓国において、犬を家族の一人としてペットとして可愛がって暮らしている韓国人にとっては、犬鍋など食文化として認めてはいけないという意見が大半になっている。それでも、市場で、食用犬は、陰で売買されてしまう。

 釜山動物虐待防止連合と、いくつかの動物保護団体は、この市場で多くの犬を保護した。その上で、韓国国内で大切に飼ってくれる人を探した。しかし、大切に飼うと見せかけて、また市場に売りに行く不届き者も存在する。結局、50頭に関しては、韓国国内で飼い主を見つけることができなかった。この50頭は、仁川国際空港から、アメリカの愛犬家に渡すことになった。アメリカには、少なくとも、犬鍋をする習慣はないからだ。

 他の市場などから保護された150頭の犬を含めて200頭の犬たちが海を渡って、犬らしく生きられる場所に搬送されたことになる。

 アメリカの臨時保護施設にしばらくの間は預けられる。そして、順次パートナー団体や保護施設が協力して、安心して飼ってくれる飼い主に出会うことになる。人間は、牛、豚、鶏を日常的に食べる生き物ではあるが、犬だけ(猫もだが)は食べられないと思うのは、日本人だけではないはずだ。
【編集 : fa】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング