フィリピン次期大統領選2022年5月、一番人気は大統領の娘・サラさん

Global News Asia / 2021年1月8日 6時0分

サラ ドゥテルテ(ダバオ市長)

 2022年1月、来年5月に実施されるフィリピン大統領選で、前年に引き続き候補者としての一番人気は、現職ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の娘でダバオ市長を務める、サラ・ドゥテルテさんとの世論調査結果が公表された。

 サラ・ドゥテルテさんに投票したいと答えた人は、フィリピン全体では26%。地元ミンダナオ島では58パーセントに上った。

 1978年5月31日生まれの42歳。3人の子どもに恵まれ、正義感の強い実行力を伴う政治家として評価が高い。

 新型コロナ感染拡大対策でも、厳しい移動制限を実施。他の地域に比べて、医療関係者や貧困層への支援内容も充実している。

 フィリピンでは以前から、政治家や公務員などの目に余る汚職や腐敗が深刻な状態で、ロドリゴ・ドゥテルテ以前の大統領はそこにメスを入れることが出来ず、自らも私腹を肥やすだけで、一般市民の生活向上を実行しようとする高尚な使命感を持つトップは皆無だった。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の斬新な手法は大きな支持を集めている。その継承を多くの国民が望んでいるようだ。
【編集 : Eula Casinio】

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング