1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. その他

北朝鮮、東京オリンピック不参加を表明

Global News Asia / 2021年4月7日 5時0分

金正恩総書記・朝鮮中央通信WEBサイトから

 2021年4月6日、1年遅れで、7月に日本で行われる予定の東京オリンピックに、北朝鮮が不参加を表明した。

 IOCは、公式の通知はないと現段階では表明しているが、国際パラリンピック委員会(IPC)には、連絡があったとのこと。

 オリンピックと言うものには、五輪憲章というものがあり、各国は自国の選手を派遣し、五輪に「参加する義務」がある。つまり、国交があろうがなかろうが、出なければならない。

 しかし、日本政府は、今のところ、海外から来る観客は認めないとしている。コロナ禍が終息の兆しすら見せない今、日本人が会場に行っての観戦は「感染」の危険性があるため、無観客で行われる可能性すらある。

 その前に、自国を出る前に全選手全関係者がPCR検査を受け、陰性を証明しなければならない。さらに、現時点では入国して、2週間の隔離生活を経てしか出場できないはずだ(ここもうやむやにしちゃうんだろうな)。もっとその前に、全世界の選手関係者を2週間隔離できる施設はない。オリンピック村を、一時感染者のために解放しろという要求を、オリンピック後に高値で売れないと突っぱねた主催都市の知事がいる。ゆえに、オリンピック村が隔離場所にはならないと思われる。

 北朝鮮には、新型コロナウィルスはまだ入って来ておらず、感染者も0だということになっている。その状態をキープしたいために、あるいは北朝鮮人民を守るために、オリンピックには出ない、出さないと、金正恩総書記が決断したとしたら、それは、いま世界で一番有能な指導者に思えてならない。ついでだから、南にも来るなと命令せよ、だ。
【編集 : fa】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング