1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. その他

中国人が驚く! 快適な「JR高速バス」

Global News Asia / 2021年9月15日 11時0分

西日本ジェイアールバスとジェイアールバス関東が共同運行している「グラン昼特急号」(大阪駅JR高速バスターミナル)

 2021年9月、新型コロナの影響で利用者が減少したため、長距離高速バスも減便して運行されている路線が増えている。

 日本在住の中国人GHさんは、友人の間で評判の良いJR高速バスでの移動を体験して驚いた。「中国の長距離移動バスは、車両が臭かったり、座席シートが壊れていたり、エンジン音が異常に大きかったりして、快適に移動することは難しい。またドライバーが不愛想だったりと最悪の事が多い。

 大阪と東京を結ぶ「グラン昼特急」は、昨年投入された新車両。トイレが驚くほどキレイで衛生的。座席シートは程よい硬さのリクライニングの独立3列シート。ドライバーは愛そう良く親切だった。快適な力強いエンジン音も心地良い。中国のバスよりも車内の防犯カメラの数も多く安心感も増していた。

 中国では、賃金の安い仕事では、誇りを持ちきちんと仕事をする人が極端に少なく、清掃や整備などの仕事は雑になる。会社も乗客を運べば良いという程度の心構えで、快適性には無頓着な事が多い。日本は普通の仕事をしている人のレベルが高いことを強く感じた」と話す。
【編集 : MK】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング