1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

フィリピン観光省・推奨「伝統療法ヒロット」山口 理津子さんに聞く(5)

Global News Asia / 2021年10月23日 8時0分

https://hilot.jp/

 2021年10月、フィリピン観光省 推奨の伝統療法・ヒロット(HILOT)は、「ピレイ=神経や血管が塞がった状態」「ラミグ=筋肉や関節が冷えた状態」から、人体を解放することを目的とした施術。最近密かに注目を集めている。

 フィリピン式 ココナッツオイル トリートメント・ ヒロット セラピー スクール 山口 理津子さんに聞いた。『フィリピンの伝統療法ヒロットでは、ヒロットの前にバナナの葉を使って身体の不調を特定、排出する「バナナリーフスキャニング」という療法があります。

人体には微細な電流が流れていますが、バナナの葉は太陽の光を取り込んだポジティブなエネルギーを持っていて、身体の不調(コリ、冷え、詰まり、滞りなど)部分はネガティブなエネルギーを持っています。

マイナスな不調カ所に、バナナのプラスのエネルギー、さらにココナッツオイルを塗布することで(ココナッツもプラスエネルギー)、プラスとマイナスが引き合いぴったりとつき、バナナの葉からは酸素が、不調カ所からは二酸化炭素や毒素が排出されてデトックスすると考えられています。

実際、お客様のお身体にバナナリーフを貼っていくと、コリや冷えの強い場所にぴったりと貼りつき、引っ張ってもなかなか取れません。

不調箇所を特定し、バナナの葉にネガティブエネルギーを吸収させていくのです。さらに、ヒロットで冷えや詰まりを取り除くようにほぐし流していくことで、元の健康な状態へと近づけていきます。

バナナの葉には、様々な効能があります。

たくさんのポリフェノールやカテキンを含んでいます。そのため、抗酸化作用が高く、ストレスの軽減やコレステロールの低下、慢性的な不調の改善に繋がります。

また、アラントインや不溶性食物繊維を含むので、免疫力を高め、抗炎症作用や抗アレルギー作用、便秘の改善などが期待できます。

東南アジアの国々では、生のバナナの葉をつぶして湿布やパックにしたり、煎じ薬としても活用してきました。

それは、バナナの葉に含まれる成分が私たちに様々な恩恵を与えてくれるからです。』
【編集 : af】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング