1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. その他

韓国政府専用機「ボーイング747-8インターコンチネンタル型」11月1日、運用開始!

Global News Asia / 2021年10月26日 1時15分

ボーイング747-8インターコンチネンタル型(boeing社WEBサイトから)

 2021年11月1日、新しい韓国政府専用機の運用が開始される予定だ。日本の航空会社では旅客機としては採用されていない、ジャンボジェット機の最新版「ボーイング747-8インターコンチネンタル型」だ。

 大韓航空の保有機材を空軍がリース契約で使用する。ハンブルクでVIP機改修が行われた。

 いままでの韓国政府専用機は、ボーイング747-400型で、2001年9月8日に初飛行した大韓航空の保有機。韓国の政府専用機として2010年5月から運用され、機齢は20年を超え老朽化していた。
【編集 : af】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング