1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

フィリピン観光省・推奨「伝統療法ヒロット」山口 理津子さんに聞く(6)

Global News Asia / 2021年11月3日 11時0分

VENTOSAと呼ばれる吸玉療法(カッピング) https://hilot.jp/

 2021年11月、フィリピン観光省 推奨の伝統療法・ヒロット(HILOT)は、「ピレイ=神経や血管が塞がった状態」「ラミグ=筋肉や関節が冷えた状態」から、人体を解放することを目的とした施術。最近密かに注目を集めている。

 フィリピン式 ココナッツオイル トリートメント・ ヒロット セラピー スクール 山口 理津子さんに聞いた。『フィリピンには、VENTOSAと呼ばれる吸玉療法(カッピング)があります。

ガラスやプラスチックのカップを背中などに置き、真空状態にしていきます。

皮膚をうっ血させることで、筋肉の癒着をはがし伸縮性を取り戻す、毛細血管の強化や血流の改善、老廃物の排出や新陳代謝のアップなどが期待できると言われています。

一般的に、色が濃いところ、反応が大きいところが、滞りや詰まりがあると言われ、丸い跡が、赤や紫、黒っぽい感じで残りますが、約1週間程で消えていきます。

老廃物や二酸化炭素などで汚れた血に、血管を拡張して酸素を巡らせ老廃物を流れやすくすることで、肩こりや腰痛、などの原因を取り除くと言われています。

カップを真空にする方法はいくつかありますが、フィリピンでは身体を温める作用のある生姜も使います。

フィリピンには、このような自然の植物やハーブなどを取り入れた智慧や自然療法がまだまだ沢山あります。』
【編集 : af】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください