1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

【フィリピン】オミクロン株警戒で、12月1日~15日、日本からの観光客・受け入れ延期

Global News Asia / 2021年11月29日 7時30分

フィリピン・マクタンセブ空港

 2021年11月28日、フィリピン政府は、12月1日から15日まで実施する予定だった、日本などグリーンリスト国からの観光客の隔離無し受け入れの開始を延期した。当初は実証テストとして行う計画だった。

 南アフリカで見つかった新型コロナ変異種オミクロン株の感染力が、デルタ株を上回る可能性が高いため、水際対策を強化し警戒することになった。オミクロン株はスパイクタンパクが32カ所も変異している。【11月29日17時40分更新】
【編集 : Eula Casinillo】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください