【タイ】4人の乳幼児をカンボジアへ=人身売買疑惑の日本人男性にタイ人もびっくり

Global News Asia / 2014年8月10日 12時57分

乳幼児4人をカンボジアに連れて行ったのはなぜなのか? その4人の乳幼児の安否は不明。タイ人弁護士の「3人の子供は日本で暮らしている」話とも食い違いがあり、疑惑は増すばかり。タイ人も驚いている。(資料写真 カンボジア・ポイペット)

 2014年8月10日、タイメディアによると、警察が5日、バンコクのマンションの部屋から、身元不明の乳幼児9人を保護したことで、父親は24歳の日本人男性という不可解な事件が表面化した。タイでは、この事件があまりにも奇妙なため波紋と驚きの声が上がっている。

 この、日本人男性が、4回に渡って4人の乳幼児を連れてタイを出国し、カンボジアに入国した記録が見つかったと、警察幹部は話している。カンボジアに入国した4人の乳幼児の安否は、掴めていない。

 この男性のタイ人弁護士は、3人の乳幼児は、日本で暮らしていると話していたが、バンコクから日本への直行便は多く、カンボジアを経由して日本に行く必要性については、合理的な理由が見当たらないため疑惑が深まる。

 カンボジアは経済成長が目覚ましいものの、医療面でも整備が遅れており、日本の国際協力機構(JICA)は、カンボジア政府との間で「国立母子保健センター拡張計画」を対象として11億9300万円の無償資金協力をおこなっている。警察は、人身売買の可能性もあるとして、この男性の行方を追っている。

【編集 : 朝日音然】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング