タイの代理出産問題、仲介業者は1年前にインターポールと日本大使館に警告していた!

Global News Asia / 2014年8月15日 9時34分

1年前、すでに不信感を抱き、国際刑事警察機構(インターポール)や在タイ日本大使館へも警告を送っていたというニューライフ代表のメリアム・ククナシュウィリ女史。

 2014年8月14日、日本人男性による複数の代理母に関する問題で、仲介したいわゆるブローカー業者ニューライフが、昨年のうちにその日本人男性の異常な要求に不信感を抱き、国際刑事警察機構(インターポール)へ警鐘を送っていたことが、タイのメディアで報じられた。

 ニューライフは、アメリカを拠点に、タイの他、インド、ポーランド、南アフリカ、メキシコに支部を持つ。

 ニューライフは本来、慈善事業として不妊に悩む夫婦などへ代理母の紹介や精子や卵子の凍結保存などを行なっている。代表を務めるメリアム・ククナシュウィリ女史は、この日本人男性から、1年に10人もの子どもが欲しいという希望を聞き、不信感を抱いていた。

 日本人男性はその時、多くの凍結精子を保存していると話していたという。彼は、1年に10人の子どもを望んだ。そして、その後、6人の子どもをもうけたが、さらに多くの子どもを望んでいた。

 ニューライフのメリアム・ククナシュウィリ女史は、日本人男性の意向を聞き入れつつ、念のため、人身売買の懸念を払拭するために国際刑事警察機構(インターポール)へ警告を送り、照会を求めた。タイの英字紙では、2013年8月3日付けの書類を確認している。

 しかし、国際刑事警察機構(インターポール)からの反応は全くなかった。

 また同時に、BBC、CNNなどのマスコミと在タイ日本大使館へも警告を送ったという。

 ニューライフは、日本人男性と代理母の仲介役のみをしていたと強調し、実際の施術は、タイ人医師によって行なわれたと主張している。

 ニューライフのメリアム・ククナシュウィリ女史は、この医師にも直接電話して、日本人男性には疑わしい点が多いことを警告していた。

 しかし、医師はそれを聞き入れず、日本人男性の希望通りに施術を続けたという。

 タイでは、代理母を禁止する法律はないものの、医師会では、商業的な行為をしないことを申し合わせていた。タイの保健省はこの医師を刑事告発することを決めている。
【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング