【タイ】24歳日本人御曹司と母親に、事情聴取を要請=タイ警察

Global News Asia / 2014年8月15日 22時41分

カンボジアに連れ出された乳幼児4人の安否不明。8月1日~5日カンボジアプノンペンに居たと思われる、IT系企業創業者の御曹司とその母親と思われる51歳の女性。24歳の御曹司が株主のIT系企業の本社(東京都豊島区)

 2014年8月15日、タイメディアによると、警察が5日、バンコクのマンションの部屋から、身元不明の乳幼児9人を保護したことで、父親は24歳の日本人男性という不可解な事件が表面化した。

 今回の異様な問題で、タイの代理出産についてのグレーゾーンの部分が浮き彫りになった。

 タイの人権擁護について、国際社会からの非難に配慮して、タイ軍政当局は、商業目的の代理出産を禁止する方向で法制化を急いでいる。

 また、日本人男性に代理母2人を紹介した代理出産仲介会社ニューライフは、この日本人男性の異常な要求(多くの子供を持とうとしていること)に不信感を抱き、国際刑事警察機構(インターポール)に通報していたが、事務所閉鎖命令が出された。

 タイからカンボジアに連れ出された4人の乳幼児は、まだ見つかっていない。18日にIT系企業創業者の御曹司である24歳の日本人男性と、母親と思われる51歳の女性の2人に、バンコクの警察に出頭し、事情聴取に応じてもらいたいと弁護士に要請している。
【編集 : 朝日音然】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング