【タイ】代理出産問題、日本人男性が依頼した医師を今週中に事情聴取

Global News Asia / 2014年8月18日 19時16分

見つかった代理母と子どもたち。父親とされる日本人男性(タイメディアより)。

 2014年8月18日、タイのメディアが報じたところによると、日本人男性の依頼による複数の代理母への人工授精を行なった医師への事情聴取が今週金曜日までに行なわれるという。

 これまで日本人男性には代理母を介して20人の子どもがいることが分かっている。警察では施術を行なったクリニックを中心に3人の医師から話を聞く意向だ。

 警察は代理母たちが身体的な健康上の補償が受けられるように手続きを進めているという。これは代理母の施術にあたり、複数の医師が施術を拒んだ経緯があり、その過程で代理母たちの術後の健康管理や補償などが行なわれていなかった疑いがあるため。

 また、オーストラリア人夫妻がダウン症の子どもに対する引き取り拒否で明るみになった外国人による代理母サービスでは、現在も妊娠中の代理母も含めて、早急に登録に出てきてほしいと呼びかけている。

 これは、事態が大きく報じられたために医師が姿をくらますなどして、母子の健康管理が行なえない事態を防ぐため。依頼主自身が連絡を取れなくなっているケースもあるという事態に対処するもので、登録に来てくれれば、適切な医療機関での管理を提供する用意があるという。

【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング